「2020年小学校プログラミング必修化」が一人歩きしているので、今後の流れを整理します。

【ブログ】「2020年小学校プログラミング必修化」が一人歩きしているので、今後の流れを整理します。 プログラミング教育全般

イトプロのかわぞえです。

「いよいよ2020年から小学校でプログラミング必修化する」

このフレーズ、よく耳にしませんか?

時おり、あおり文句のようにも聞こえてくることもあれば、ちょっと一人歩きしてこれから一体どうなるのかわからないという声も聞きます。

というわけで、ちょっと今後のプログラミングの流れを整理してみました。

まず前提を整理します

そもそもなぜプログラミング教育なのか?というと、新しい学習指導要領でそう決まったからです。

日本はIT人材の不足やグローバル化のための人材確保が課題です。そのためにも「小学校のうちから早期に〜」という考えなんですね。

2020年の小学校での必修化は、新学習指導要領の実質的なスタートとなります。

 

この新指導要領なんですが、従来とは異なる点があります。

それは

  1. 「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」を全面的に行うこと
  2. 「プログラミング教育」を導入すること

の二つです。

 

❶は、コミュニケーション力や社会性を身につけられるよう、授業の中でのプレゼン発表や交流を重視しますよ、というもの。

❷は、「ICT活用」が強化されて、小学校から高等学校にいたるまでプログラミング教育が必修化されます。それぞれのねらいは以下のとおりです。

2020年から慌ただしくなります

冒頭の画像を見ていただきたいのですが、2020年から一気に動き出します。

「小⇒中⇒高」と一年おきに必修化の波がやってきます。

❶ 小学校(2020年〜)

中高にむけての土台づくり

  • 【ブログ】「2020年小学校プログラミング必修化」が一人歩きしているので、今後の流れを整理します。この段階でプログラミング言語を覚えたり、コードを打ったりはしません。
  • プログラマーを養成するのではありません。
  • あくまでプログラミング的思考を育むのが目的です。
  • プログラミング的思考とは、論理的思考や問題解決力などの総称です。
  • それらの力は将来プログラマーにならずとも、社会で生きていくのに必要なものです。

❷ 中学校(2021年〜)

産業系の実践的なプログラミング

  • 【ブログ】「2020年小学校プログラミング必修化」が一人歩きしているので、今後の流れを整理します。以前から必修になっている「技術・家庭科」(技術分野)での学習内容が倍に増える
  • 計測や制御のプログラミング、双方向性のあるコンテンツのプログラミングを学習
  • 小学校での基本的な土台ができていることを想定とした学習内容
  • より具体的で産業に近いプログラミングを実践

❸ 高等学校(2022年〜)

「情報Ⅰ」が新設、より専門的に

  • 【ブログ】「2020年小学校プログラミング必修化」が一人歩きしているので、今後の流れを整理します。新しい必修科目「情報Ⅰ」が新設
  • より専門的(アルゴリズム、モデル化の手法、プログラム評価など)な内容を学ぶ
  • 選択必修の「情報Ⅱ」では、情報システムを活用するためのプログラミングを学ぶ

 


以上のように新しい学習指導要領では、小学校から高校まで一貫してプログラミング教育の底上げをして、すべての子どもたちが実践し、さらにプログラム評価や改善もできることを目指しています。

私たちイトプロは、このような学校教育の新しい流れをふまえながら指導していきます。

 

体験授業》を実施しています🚩

イトプロでは、実際の授業さながらの内容を体験していただくために体験授業を実施しています。