《プログラミングは料理のレシピ》カレーを作る手順を用いて説明します

《プログラミングは料理のレシピ》カレーを作る手順を用いて説明します プログラミング教育全般

イトプロのかわぞえです。

私たちがふだんの日常生活でもやっていることをプログラミングに置きかえて考えてみると、よりイメージがしやすくなります。

一見するとむずかしく感じてしまうプログラミングですも、実は次の3つの考え方で成り立っています。

  1. 順次実行
  2. くり返し
  3. 条件わけ
《順次実行・くり返し・条件わけ》プログラミングに必要な考え方はこの3つだけ

《順次実行・くり返し・条件わけ》プログラミングに必要な考え方はこの3つだけ

2019年9月7日

 

ごく身近な例として、みんなが大好きな「カレー」を作るときの手順を❶〜❸で構成すると下のようになります。

《プログラミングは料理のレシピ》カレーを作る手順を用いて説明します

料理のレシピと同じように、プログラミングを使ってゲームや音楽をつくるときもそうです。

必要な機能や効果をパーツごとに分解して、その手順を❶〜❸のいずれかを用いてあてはめながら、パズルをつくるような感覚で組み合わせていくだけです。

このように私たちは気づかないだけで、日常生活のなかにプログラミングの考え方が多く取り入れられています。

 

体験授業》を実施しています🚩

イトプロでは、実際の授業さながらの内容を体験していただくために体験授業を実施しています。